こんなホームページを作ります

テンプレートを使用しても他社とデザインがカブる事はありません

他の会社と見た目が同じにならないか心配ですか?

KeiStyleではテンプレートを使用してホームページを制作しています。
そこで心配されるのが、他の会社と同じデザインを選定すると、見た目が同じになるんじゃないかという事です。テンプレートをそのまま使用していると、そのような事が起こってしまいますが、そうならないためにいくつかの変更を施しています。

 

デザインでカブらない工夫

多彩なデザイン数

まず、デザイン数が1300種類以上もありますので、同じデザインを選定される事はごく稀です。
また、今後も増やしていく予定ですので、更に同じデザインを選定される確率も低くなってゆきます。
仮に同じデザインで制作しましても、見た目が同じにならないように手を入れていますので、同じとは気付かれる事はありません。
一度、主な制作実績を見て頂けると分かると思いますが、ほとんどの方が違うデザインを選んでいますし、同じデザインでも、同じだとは気付かないと思います。
>>主な制作実績を見る

 

メインの画像はオリジナルで制作

ホームページのメイン画像はオリジナルで制作しています。
この部分はホームページで一番目立つ個所ですので、テンプレートを使用していましてもオリジナリティを持たせることが可能になります。

 

部分的にイメージ画像を挿入

また、メイン画像以外にも内容に合ったイメージ画像を部分的に挿入しますので、たとえ他の会社と同じテンプレートを選定しても、同じだと気付かれる事はございません。

 

実はホームページ訪問者はそこまで気にしていない

万が一ホームページ訪問者に同じデザインだと気付かれたとしても、画像等を変更していますので、まず気にする人はいません。
他と同じデザインのホームページだから注文するのを辞めようとか、このお店には行きたくないなんて思われる事はありませんので、ご安心下さい。

 

 

レスポンシブデザインでスマホやタブレットにも対応しています

いろんな画面サイズに最適化されて表示されます

KeiStyleが制作するホームページは、パソコンはもちろん、スマホやタブレットで見ても、そのサイズの画面に最適化されて表示されます。
これは、レスポンシブデザインという手法を採用しているからです。

 

レスポンシブデザインとは?

以前はホームページというと、パソコンでしか閲覧しませんでした。
ただ、今ではスマホやタブレットが普及していますので、さまざまな画面サイズで閲覧されています。
それに対応できるのが、レスポンシブデザインという手法です。

 

縦長でどんな画面サイズでも見やすく

レスポンシブデザインは、画面のサイズに合わせて縦に長く表示します。
スマホやタブレットなど、それぞれのサイズに最適化されますので、さまざまな画面サイズでも1つのホームページで対応できます。
これを、そのすべての画面サイズに合わせて、一つひとつホームページを制作していたら、費用がいくらあってもキリがありませんよね。

 

レスポンシブデザインはどう見える?

スマホでパソコン専用のホームページを見ると、文字のサイズは非常に小さくなってしまいます。
小さな画面サイズに全体が縮小されるので、とてもじゃないけど読めたものではありません。
ピンチアウト(親指と人差し指で広げる操作)すると拡大されますが、そうすれば横方向にも移動しないといけなくなるので、非常に見にくくなります。

一方レスポンシブデザインだと、文字の大きさは読みやすい大きさで表示され、全体的に縦に長いレイアウトになります。
スマホの場合、縦方向の移動にはあまりストレスを感じませんので、見やすいレイアウトといえます。
また、画像は画面サイズに合わせて縮小されますので、横にはみ出す事はありません。

smh

スマホでのホームページ閲覧率は想像以上に高い

スマホが普及しているということは、絶えず手元にパソコンがあるという事です。
何かあれば、すぐにその場でスマホを利用し検索します。
年々、スマホでのインターネット利用率は高くなっています。
そこで検索されているホームページが、レスポンシブデザインであるかないかでは、大きな差になって結果に現れます。

 

コストパフォーマンスに優れたレスポンシブデザイン

このように、レスポンシブデザインは非常にコストパフォーマンスに優れています。
低価格で高機能なホームページを制作するためには、このレスポンシブデザインは必須だと考えます。
制作に手間はかかってしまいますが、ホームページをビジネスに利用する以上、KeiStyleはレスポンシブデザインを積極的に採用し続けます。

 

 

KeiStyleがワードプレスを使う理由

ワードプレスとはホームページ+ブログ

追加費用無しでページが増やせる

ワードプレスの最大の特徴は、自身でページを追加できる事です。
これを業者に依頼すると、1ページあたり数千円~数万円かかります。
仮に20ページ増やそうと思えば、それだけで十数万円~数十万円という大きな費用が発生してしまいます。
これができるだけで、ホームページ運営の経済的負担がかなり軽減されます。

 

どのパソコンからも利用できる

ワードプレスはインターネットでログイン画面にアクセスし、そこでページを追加する操作をします。
ユーザー名とパスワードを入力するだけで、どのパソコンからでもログインできますので、自宅に戻ってからでも操作する事が可能です。
また、スタッフそれぞれのパソコンからもログイン出来ますので、スタッフ全員で順番にブログを書くという事も可能です。

 

検索に強い

ワードプレスは検索に強い構造になっています。
これは、Googleのエンジニアも認めている事ですので、間違いのない事実です。
ただいくら検索に強いからと言って、何もせずに放置していては効果を期待できません。
ワードプレスを活用できてこそ、検索に強くなるのだと思って下さい。

 

 

トップページには自由に使えるフリースペースがあります

フリースペースは伝言板です

KeiStyleが制作するホームページのトップページには、フリースペースという部分があります。
この部分は、お客様が自由にお使いになれる部分です。
わかりやすく言えば、伝言板という事になります。
このスペースを有効利用することで、ホームページが賑やかになりますので効果は絶大です。

フリースペースはこの部分です

トップページの一番目立つ部分です

f-space

例えばこんな使い方があります

ホームページご訪問のごあさつ

ホームページを訪れてくれた方へのごいさつに使います。
あまり硬い文章にせず、語りかけるように書くのがポイントです。
そうすることでホームページ訪問者が人気(ひとけ)を感じますので、不安なく閲覧する事ができます。

臨時休業の告知

年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みなどの営業案内に使えます。
特にお店の場合は、事前に臨時休業を告知することにより、お客様が無駄足を踏まなくてすみます。

セールやイベント、新商品のご案内

セールやイベントなど、人が集まってほしい時に、トップページで告知するようにします。
また、新商品を発表する場合も必ず告知するようにします。
トップページで公表することにより、生きた情報を発信することができます。

読んでほしい記事の紹介

ブログを書いていると、古い記事はどうしても新しい記事に埋もれてしまいます。
『これは是非読んでほしい』という重要な記事があれあば、積極的に紹介するようにします。
そうすることにより、重要なページへのアクセスを増やすことができます。

その他にも

この部分は文字制限はありません。
1行だけの文章でも、100行を超える長文になっても構いません。
また画像の貼り付けや、YouTube動画の挿入も可能ですので、どうぞご自由にお使いになって下さい。

 

 

ブログには予約投稿機能があります。

予約投稿機能

KeiStyleは今日(2016年8月11日)からお盆休みです。
ですので、このブログは休日返上で書いていま・・・
いえ、実はブログの予約投稿機能を使って、前日に書いて今日公開しています。

 

例えばこんな使い方

この予約投稿を使うと、例えば新年のごあいさつ記事を当日に書かなくて済みます。
事前に時間のある時にでもササッと書いて、公開予定日時を1月1日0時0分に設定しておけば、パソコンの電源を切っていても自動で投稿してくれます。
芸能人が、お正月番組を12月に収録するのと同じですね。

 

設定はとっても簡単

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)の右側に、公開予定日時を入れる欄がありますので、そこに日付と時刻を設定するだけで完了です。
設定後OKボタンをクリックするのを忘れないように。

0014

 

 

ブログの記事もスマホに対応しています。

全てのページがスマホに対応しています

当然ブログ記事もスマホ対応です

KeiStyleが制作するホームページは、全てスマホに対応しています。
それは、お客様が書くブログ記事のページも同様です。
何ページ書いて頂いても、全てのページはスマホに対応しています。

 

ところでスマホ対応ってどういう意味?

スマホ対応というのは、スマホでホームページを閲覧する場合、スマホの画面に最適化されたサイズで表示される事です。
横幅はスマホの画面サイズに縮小されますが、文字のサイズは縮小されませんので読みにくくはありません。
また、縦に移動するだけなので快適に閲覧できます。

 

スマホに対応していないと不便

スマホに対応していないホームページは、スマホのような小さな画面で見るとそのまま縮小されて表示されますので、文字が小さくてピンチアウト(指で拡大)しないと読めません。
この場合、上下左右に移動しないといけないので非常に閲覧しにくくなります。

 

最悪お客様が逃げてしまう

ホームページが閲覧しにくいと、閲覧者はすぐにホームページから離脱してしまいます。
一生懸命書いた記事なのに、お客様に不快感を与えてしまいます。
ホームページの閲覧環境を整える事は、お客様を逃がさないための最低限の仕様だと思っています。

 

 

1300種類以上のデザイン

1300種類以上のデザイン

デザインはこちらから選んで下さい

KeiStyleには1300種類以上のデザインがございます。
多すぎて選ぶのが大変ですがお好きなデザインを選定して下さい。
いくら格安でホームページを作成できると言っても、チープなデザインなんて問題外です。
KeiStyleでは、どんな業種にも対応できるように、1300種類以上のデザインをご用意しました。
この中から、あなたのビジネスに合ったデザインをチョイスして下さいね。

デザインは大切です

ホームページで一番大切なのはコンテンツ(内容)です

中身のないホームページほど役に立たない物はありません。
そして、その次に大切な事は、デザインです。
いくら高級な商品を扱っていても、最高のサービスを提供していても、デザインがチープだと、商品やサービスまでチープに見えてしまいます。
ホームページのデザインを見て判断するお客様は、実は少なくないのです。

デザインが決まっているメリット

KeiStyleが作成するホームページは、デザインが決まっています

お好きなデザインを選定する事ができますので、完成後のイメージが具体的に分かりやすくなります。
オーダーデザインの場合、完成したデザインがイメージとかけ離れている事がありますので、事前にデザインが確認できる分、安心できるかと思います。
ただ、他の方とデザインがカブってしまうのではないかと、心配されるお客様もおられますが、ご安心下さい。
画像をご用意頂けるのでしたら、メインの画像と差し替えますので、全く違ったイメージに仕上がります。

デザインの選び方

事業のイメージを崩さないデザインを選ぶ事です

背景が真っ赤な病院や、真っ黒な保育園のホームページがあったとします。
あなたは、そこに家族を預けようと思いますか?
やはり業種に合ったイメージという物がありますので、そこから極端に外してしまわない事が重要です。

 

 

ホームページ標準仕様

格安ホームページですが、これだけの機能を標準装備しています。

ホームページ標準仕様
①オリジナルメイン画像 オリジナリティ
トップページの一番目立つ部分の画像はオリジナルで制作致します。
基本デザインはテンプレートですが、メイン画像を制作しますので、他の会社とデザインがカブる心配はございません。
もっと目立たせたい方は『メイン画像3枚切り替え(クロスフェード)』がお勧めです。
②フリースペース SEOに有利 ビジネスに有利
トップページには、自由に文字や画像を表示するスペースがあります。
イベントや新商品、臨時休業の告知など、ご自由に活用して下さい。
③最新記事 SEOに有利 ビジネスに有利
ブログを書くと、日付順にタイトルが自動で表示されます。
新しい記事には『NEW!』マークが付きます。
④ワンクリックでトップページ 親切仕様
ホームページのタイトルをクリックするだけで、どこのページにいてもトップページに戻る事ができます。
検索でトップページ以外から訪問した方も、ワンクリックでトップページにたどり着けるようになっています。
また、ロゴマークが無い方のために、オプションで『簡易ロゴマーク』を制作しています。
⑤ワンクリックでページ最上部 親切仕様
長いページを最後まで読んでも、ワンクリックでページの最上部に戻ることができます。
ホームページ訪問者にストレスがかからないように配慮しています。
⑥タップで電話 ビジネスに有利 親切仕様
ホームページをスマートフォンで閲覧する場合、電話番号をタップするだけで電話をかける事ができます。
思ったその場で問い合わせや予約が出来る便利な仕様です。
⑦QRコード ビジネスに有利 親切仕様
QRコードを読み込むだけで、スマホサイトにアクセスできます。
いちち検索やURLを打ち込む手間が省けます。
パンくずリスト
⑧パンくずリスト SEOに有利 親切仕様
今ホームページのどこに居るのかが一目で分かるようになっています。
ホームページ訪問者が迷子にならないように配慮しています。
サイトマップ
⑨サイトマップページ SEOに有利 親切仕様
1ページを使って、ホームページの中身が一目で分かるようになっています。
ブログを書いてページを追加したら、ページのタイトルが自動で追加されてゆきます。
このページはサービスとなりますので、制作ページ数にはカウントされません。
※画像では『全記事一覧』になっていますが、通常は『サイトマップ』と表示されます。
 

 

ページの追加はパソコンの画面からできます

「ページの追加はどこからできるのですか?」
「ページの追加に専用のソフトが必要ですか?」
という問合せを頂く事があります。

ページを追加するには、今お手持ちのパソコンの画面から、インターネットでワードプレスの管理画面にログインして行います。
インターネットに接続されているパソコンさえあれば、ソフトは不要です。

尚、スマホからも可能ですが、その場合は専用のアプリ(無料)が必要です。

お手持ちのパソコンからログイン

インターネットでログイン画面にアクセスし、「ユーザー名」「パスワード」を入力すれば、ワードプレスにログインできます。
※「管理画面のURL」と「ユーザー名」「パスワード」は、ご注文頂いたお客様だけにメールでご連絡します。

20150603a

これがワードプレスの管理画面です

※画像クリックで拡大します。20150603b

記事を書いたら「公開」ボタンをクリック

記事を書いて、最後に「公開」ボタンをクリックすると、その瞬間にページが追加されます。
もちろん、画像やYouTube動画の貼り付けも可能です。
尚、一度書いた記事は何度でも書き直しできますし、不要になったら削除もできます。

※画像クリックで拡大します。20150603c 

ブログ体験が出来ます

文章で読んだだけではピンときませんよね。
もし体験してみたい方がおられましたら、
KeiStyleのブログお試しサイトにお越しください。
誰でも自由にお試し頂けます。

 

 

自分でページが増やせます(ブログ機能)

自分でページを増やせる人は、ホームページで成功できる人です

大きく育てて下さい

KeiStyleが制作するホームページは、ワードプレスを使用していますので、お客様が自由に記事を増やす事が可能です。
KeiStyleが生んだホームページを、育てるのはお客様です。
育て方次第で、いくらでも集客力のあるホームページに育ってゆきます。
どうぞ、お客様の手で大きく育ててあげて下さい。

ホームページ成功のカギ

『50ページのホームページ』と聞いて、あなたはどう思いますか?
「かなり大規模なホームページ」と思いますか?
「そんなホームページ作ったら、いくらお金が掛るんだろう?」と思いますか?
「自分の事業には、そんなページ数は必要ない」と思いますか?
私の今までの経験上、300ページくらいないと、本来のホームページの効果は発揮されません。
と言っても、300ページないと効果が出ないと言うわけでもありません。
ですので、ホームページ公開後は、1ページでも増やすように頑張って下さい。
ちなみに、私が経営していたネットショップは、合計約3,000ページありましたので、広告費を遣わなくても十分な受注量がありました。

無意味なページを増やすのは時間の無駄です

ブログ機能が付いているからって、無駄にページを追加していたのでは効果が無いだけでなく、時間の無駄にもなってしまいます。
忙しい時間を使ってページを追加する訳ですから、有意義なページを作成するようにしたいものです。

どんどん優良なページを増やして下さい

KeiStyleは、15年以上にわたりインターネットで集客や販売を行っています。
その実践で学んだ経験を元に作った『サポートweb』を、ホームページの制作依頼を頂いたお客様限定で公開しています。
サポートwebを参考に、優良なページをどんどん増やして頂き、どうぞホームページを有効活用して下さい。
きっと、たくさんのお客様を集めることが出来ると思いますよ。
>>『サポートwebで安心運営』のページ

 

 
1 / 212
Top