お客様に行って頂く作業

1 ドメイン名を決めて下さい

ドメインとは、ホームページの住所みたいなものです。

https://●●.com●●部分です。

当ホームページで言えば、kei-style.com がドメイン名になります。
このドメイン名の決め方を説明させて頂きます。

ドメイン名を考える

  • ドメイン名を考える
  • ドメイン名は、会社名や業種にちなんだ文字を使うことが多いですが、特に決まりは有りませんので自由に決めてください。

    【例】
    ・会社名:kei-style.com(けいすたいる)
    ・会社名+業種:keistyle-web.com(ウェブ)
    ・会社名+商品名:keistyle-homepage.com(ホームページ)
    ・会社名+地名:keistyle-osaka.com(大阪)
    ・会社名+設立年:keistyle-2012.com(2012年設立)

ドメイン名が取得可能か調べる

  • ドメイン名が取得可能か調べる
  • ドメイン名が決まりましたら、そのドメイン名が使えるかどうかを調べます。

    基本的に、ドメイン名の取得は先着順ですので、先に誰かが取得していれば使用できません。
    取得できるかは ムームードメインのサイトで調べることが出来ます。
    なお、当社で取得できるのは基本的に.comのみに限定しています。

    ※ドメインは取得可能か調べるのみで取得しないでください。

2 ホームページのデザインを選んで下さい

いくら格安でホームページを作成できると言っても、チープなデザインなんて問題外です。
KeiStyleでは、どんな業種にも対応できるように、1400種類以上のデザインをご用意しています。

デザインの決め方

  • デザインの決め方
  • こんな不安はありませんか?
    『完成したホームページのデザインが、予想と違っていたらどうしよう』
    KeiStyleに制作依頼をすると、そんな心配は無用になります。
    なぜなら、テンプレートを使用していますので、先にデザインを確認する事が可能だからです。

テンプレートから選定

  • テンプレートから選定
  • KeiStyleでは1400種類以上のデザインをご用意しています。
    デザインを選ぶポイントとしましては、事業のイメージを崩さないデザインを選ぶ事です。
    詳しくは、ホームページデザインのページをご参照ください。

    多彩なデザイン

デザインはカブらない

  • デザインはカブらない
  • 基本的にメイン画像はオリジナルで制作致しますので、他の会社と同じテンプレートを使用しても、デザインがカブる事はありません。
    今までたくさんのホームページを制作してきましたので、主な制作実績のページでご確認下さい。

    主な制作実績

3 ホームページに掲載する文章を用意して下さい

ホームページに掲載する文章を考えて下さいと言っても、どんな内容の文書にすればいいのか分からないと思います。
KeiStyleにはコンテンツフォームという、ホームページに掲載する文章専用の送信フォームがございますのでご安心ください。

コンテンツフォームとは?

  • コンテンツフォームとは
  • コンテンツフォームとは、ホームページに掲載する文章を送信して頂くためのフォームです。
    アンケート形式になっていますので、それに従って入力して頂くだけでホームページに使用する文章が当方にメールで届くようになっています。
    『コンテンツフォーム1』と『コンテンツフォーム2』という、2種類のフォームに必要事項を記入して送信するだけです。

コンテンツフォームの内容

文章について

  • 文章について
  • 文章が少ないと内容が薄いホームページになってしまいますので、この文章量はある程度多い方がいいです。
    コンテンツフォーム送信後でも、メールで後から、追加の文章を送って頂いても結構です。
    また、会社案内やパンフレット、メニュー表などを郵送で送って頂いても結構です。(別途打ちみ料必要)

    文字の打ち込み料金

4 ホームページに使用する画像を用意して下さい

見た目は非常に大事です。
画像がチープだと、ホームページもチープになってしまいす。
また、事業内容もそれなりにしか見られなくなりますので、画像にはできるだけこだわった方が有利になります。

画像は文章に次いで重要です

  • 画像は文章に次いで重要です
  • 綺麗な画像でないと、大した会社じゃないと思われる事もあります。
    スマホや携帯電話で写した写真より、デジカメで撮影した写真が理想です。
    特に商品写真に関しては、画像が生命線になります。

画像が用意できない場合

  • 画像が用意できない場合
  • もし画像がご用意できない場合は、当方が所有するイメージ画像を無料で使用する事も可能です。

Top