ホームページ集客の窓口の種類とメリット・デメリット

公開日:2019年11月01日
カテゴリー: その他 投稿者: KeiStyle

ホームページ集客の窓口の種類とメリット・デメリット

ホームページへのアクセス経路はたくさんあります。
一般的にホームページ集客の窓口は検索エンジン経由と考えがちですが、それ以外からもアクセスはあります。
現在流行りのSNSやネット広告、外部サイトからのリンクなど多岐に渡ります。
今回はアクセス経路についてのお話です。

【内容】

  1. ホームページ集客窓口の種類
  2. ホームページ集客窓口別メリット・デメリット

ホームページ集客窓口の種類

自然検索からのアクセス

GoogleやYahoo!、Bingで検索した人からのアクセスです。
通常の検索からやって来るので、一般的に自然検索と呼ばれています。
専門的にはOrganic Searchと言います。

ホームページ集客の窓口の種類とメリット・デメリット

上の画像はGoogleで『ホームページ 集客』と検索した結果です。
皆さんも見慣れた馴染みの画面だと思います。
検索キーワードにもよりますが通常上の何件かは広告が表示され、その下に検索結果が表示されます。
ここで検索上位に表示されるためには、ホームページの内容を充実させる以外の方法はありません。
皆さんも何かのキーワードで検索してもらうと分かると思いますが、どんなキーワードで検索しても上位表示されるホームページのボリューム(ページ数)は非常に大きく内容も濃いです。
このことからも、検索上位を狙うのであればブログで有意義な情報を数多く発信する必要があると考えられます。
尚、いくら頑張っても広告の上に検索結果が表示される事はありません。

ネット広告からのアクセス

通常、検索結果の上と下に広告が入ります。
ここをクリックしてホームページに訪れてくれます。
専門的にはPaid Searchと言います。
以前は右側にも表示されていましたが、現在では表示されなくなりました。
良く見ると小さく広告と表示されていますので、自然検索ではない事が確認できます。

ホームページ集客の窓口の種類とメリット・デメリット

このスペースに広告を出稿するには、各検索エンジンのアカウントを取得しないとなりません。
その後に広告を出稿するのですが、ここのスペースに表示されただけでは広告料は発生しません。
検索者がクリックした時点で広告料が発生します。
1クリックいくらという感じで加算されるのですが、原則として広告料はオークション形式で入札され金額が高い順に上位表示されます。
広告の出稿は非常に複雑で、PCが苦手な方は広告を出すだけでも困難でしょう。

SNSからのアクセス

フェイスブックページ、ツイッター、インスタグラムなどSNSを活用してアクセスを集めます。
上手く拡散されると一気に広まりますが、コマメに発信しないとなかなか効果は発揮されにくいです。
初めのうちは、なかなかなフォロワーが集まりませんので継続する根気が必要です。

ホームページ集客の窓口の種類とメリット・デメリット

SNSはアカウントを取得すれば無料で利用できます。
SNSはBtoB(会社相手)よりBtoC(個人客相手)の方が向いています。
尚、フェイスブックとフェイスブックページは別物で、フェイズブックは個人用で実名表示のみとなります。
会社やお店の名前で利用するにはフェイスブックページの活用となります。
詳しく知りたい方はネットで検索してみて下さい。

外部サイトからのアクセス

外部のサイトからリンクを辿って訪れるアクセスです。
この外部からされるリンクを”被リンク”と言います。
被リンクが多いと検索エンジンから高く評価される傾向にあります。

ホームページ集客の窓口の種類とメリット・デメリット

検索エンジンからの評価を上げようと自分で大量の無料ブログを作り、そこからリンクを貼る自作自演が大流行しましたが、今そんな事をするとペナルティの対象になり検索結果に表示されなくなります。
尚、有料で被リンクを売っている業者が存在していますが、有料のリンクもペナルティの対象になっていますので手を出さないで下さい。
ちなみに一時期多く存在したSEO業者はこの方法を利用していたため、今ではもう通用しなくなった事からSEO業者は激減しています。
ただ、未だごく稀に存在していますので「順位を上げますよ」という営業電話が掛かってきたら注意してください。

ブックマークからのアクセス

これは、一旦ホームページに訪れてくれた訪問者がブックマーク(お気に入り)し、そこからのアクセスです。
ホームページを気に入って頂きブックマークしてくれるぐらいですから、これからも定期的に訪問してくれると考えられます。
その方たちのためにも頻繁にブログを更新し、ガッツリとファンの心を掴んでください。

ホームページ集客窓口別メリット・デメリット

メリット デメリット
自然検索 コストをかけずアクセスが集まる 検索の上位表示が難しい
ネット広告 広告として費用対効果が高い それなりの広告費がかかる
SNS 拡散力が強い フォロアーを集めるのが大変
被リンク 検索エンジンからの評価が上がる 自分ではコントロールできない
直接 アクセスのリピート性が高い 自分ではコントロールできない

 


ホームページの制作依頼は、ご注文フォームからどうぞ。
ご注文フォーム
 
Top