ホームページ作成ソフトで自作すると挫折する事が多い【作成より運営】

公開日: 2020年04月13日 /最終更新日: 2020年04月15日
カテゴリー/ 自作ホームページの落とし穴

ホームページ作成ソフトで自作すると挫折する事が多い

こんにちは、KeiStyleの桂です。

自分でHP作成に挑戦する方がおられますが、途中で挫折される方も多いのではないでしょうか?

当方にも年に何件かは「制作途中ですが完成させてください」と言う依頼が入ります。

一応拝見させて頂くのですが、まぁ「この時点で挫折ですか」とう内容の方がいかに多いか。
これでは無理だって感じですね。

簡単にホームページが作成できるというソフトを購入したのに、難しすぎて訳が分からなくなるらしいのです。

実際の所、このようなソフトでも、ホームページの基本的な構造やインターネットの仕組みを理解していない限り、簡単に使える代物ではありません。

という事で今回は”ホームページ作成ソフトで自作すると挫折する事が多い”というお話です。

ホームページを自作する前に理解しないといけない事

思ったより市販ソフトは難しい

定番の市販ソフトには、いかにも簡単にホームページが作成できるかのような宣伝をしていますが、それはホームページを作り慣れている人が使えば簡単に作成できるという意味だと思った方がいいです。

私も以前、実際に使ってみたことがあるのですが、結構複雑で「これならソースコードを直接書いた方が分かりやすい」と思ったほどです。

これなら使い慣れていない人なら、

・思ったようにレイアウト出来ない
・行間の調整の仕方が分からない
・画像の編集方法が分からない
・うまくスマホに対応させる事ができない
・等々

このようになるのも当然ですね。

いくら簡単にできると言っても、HTMLやCSS、PHP、JavaScript、データベースなどを理解していないと、満足に完成させる事は難しいと感じました。

公開するのにも知識が必要

ホームページは作っただけでは誰も見ることができません。

インターネット上にホームページのデータをアップロードして、初めて見ることができます。
そのためには、ドメインやサーバー、更にはWord Press等の知識も必要です。

レンタルサーバーを借りてドメインを取得するだけでなく、それぞれの複雑な設定も必要になってきます。

大袈裟な話ではありませんが、Word Pressをサーバーにインストールすら出来ずに挫折する人も少なくないようですので。

仮に完成したとしても検索エンジンに嫌われる構造になっているかも

ホームページ作成ソフトで見た目は綺麗に仕上がったとしても、ソースコード等の内部構造が不適切な場合が多々あります。

ホームページの作成には、文法があります。
間違っていても表示されますが、これだと、検索エンジンに嫌われてしまい、検索にヒットしない事だってあります。

「綺麗に仕上がったのに1件も問い合わせが無い・・・」
こんな経験をされている方が、どれほど多い事でしょうか。

何がポイントか理解できていない

ホームページを自作する人に一番多いのが、作ることだけに必死になってしまい、どこがポイントになるのかを理解していない事です。

とにかく完成させて、ネット上に公開する事が目標になり、その先の事まで考える余裕がないのが現実ではないでしょうか。

ホームページの目的を考えると、作成する事よりも、むしろその先の完成後の運営の方が遥かに重要で大変です。
いくら綺麗なホームページが完成しても、それだけでは集客できません。

ほ自作ホームページで集客できない方が多いのは、そのほとんどの人が運営方法を知らないのが原因なのです。

時間をかけてホームページの作り方を学ぶくらいなら、その時間を運用方法を学ぶのにあてる方がよほど有意義だと言えます。

まとめ

ホームページ作成ソフトは決して簡単ではなく、想像以上に複雑なので途中で挫折される方が多のだと思います。
ホームページをビジネスで活用するために大切なのは、作ることを覚える事ではなく運用方法を覚えることです。


<< 前の記事へ
」 
ホームページの制作依頼は、ご注文フォームからどうぞ。
ご注文フォーム
 
Top