ビジネスブログで集客するための基本

カテゴリー: 集客ブログ 投稿者: KeiStyle
2019年07月31日

ビジネスブログで集客するための基本

今やSNSの人気がうなぎ上りですが、まだまだブログも集客には効果的なツールです。
と言っても、ただ漠然とブログを書いていては思ったように集客はできません。
まずは基本を押さえないと何をしても無駄になってしまいます。
今回は、ビジネスブログの基本について説明させて頂きます。

【内容】

  1. ブログじゃないと集客できないの?
  2. こんな人はブログ集客できない
  3. ブログ集客の第一歩はターゲットを決めること
  4. ブログ集客の肝!キーワードを決める
  5. ブログ集客で差を付けるために

ブログじゃないと集客できないの?

集客できるならブログに拘(こだわ)る必要はない

インターネットで集客するには、ブログの活用が便利です。
ただ、ブログでないといけないという訳ではありません。
フィスブックページやツイッター、インスタグラム、YouTubeなど、他のツールでも集客できるのならそれを積極的に活用すべきです。
ただ、インターネット集客の経験がない方なら、比較的始めやすいブログをお勧めします。

ブログを勧める理由

他のツールに比べ始めるのが簡単

SNSなど他のツールに比べ、ブログは簡単に始めることができます。
KeiStyleが制作するHPのように初めからブログ機能が装備されているのなら、特に設定する必要もなく管理画面にログインするだけで始めることができます。

構造がシンプル

SNSと違ってブログは構造がシンプルです。
基本的に書いたブログ記事は自分のHPにしか表示されません。
一方、SNSは自分の投稿が他人のサイトにも表示される機能があります。
その表示がまた他のサイト、そのまた他のサイト…と表示され続ける事があります。
いわゆる拡散という現象です。
使い慣れるとこれを利用して広く宣伝できるのですが、全くの初心者だとトラブルの原因になりかねません。
何となく書いた書き込みが大騒動に発展する危険性がありますので、ビジネスで活用するには慎重にならなければいけません。

古い記事も埋もれにくい

SNSは投稿が古くなると下の方に埋もれてしまい、見付けてもらえなくなってしまいます。
ブログも新しい記事から順番に表示されますので古い記事は埋もれてしまいますが、SNSとの違いはGoogleやYahoo!の検索にヒットすることです。
古くなった記事でも内容さえしっかりしていれば、検索からアクセスを集めることができます。

こんな人はブログ集客できない

95%の人はブログ集客できていない?

一般的に95%の人がブログ集客できないと言われています。
私の感覚ではもっと多く、99%と言っても多すぎるとは思わないのですが・・・
ではどんな人が集客できないのでしょうか。

継続性が無い

ビジネスで集客するためには継続が大事です。
ブログ集客も例に漏れず続けていかないと結果がでません。
結果がでるまでには半年や1年かかる事も珍しくありません。
週一回記事を書くとして、半年あたりで何となく気配がでてくる程度ですので、よほど忍耐力がないと集客はできないでしょう。

向上心が無い

インターネットビジネスを理解しなければ、まずブログで集客はできません。
中には記事を書くのが面倒臭いからと外注する人もいますが、外部に丸投げしてもまず効果はでません。
まず自身でブログ集客を実践し、その上で記事を書く時間を節約するために外注するのは正解ですが、理解できていなから外注してしまえという考え方では100%失敗します。
記事を外注したければ、必ずブログ集客について理解を深めてからにしてください。

他の責任にする

2、3記事書いただけで何の反応が無いからと、ブログのデザインが悪いから集客できないとか、ブログの構造が悪いとか、とにかくろくにブログを活用できていないのを棚に上げて、他の責任にする人がいますが、こんな人はブログ集客はできません。
どうしてもデザインや構造を替えたいのなら、何故そのブログで集客できないのかをきっちり分析した上でないとどんなブログを作っても同じ事を繰り返します。

関係ない記事ばかり書く

ビジネスブログですから、自身のビジネスについての記事を書くのが本筋です。
今日の天気の事やランチの事、飼っているペットの事ばかり書いていて、集客できないと悩んでいる人がいますが、これで集客できる訳がありません。
趣味のブログは無料のブログサービスでするべきです。

学ぶ姿勢が必要

ブログで集客するためには、”価値のある内容”を”根気よく公開し続ける”だけです。
また闇雲にブログ記事をかくのではなく”学ぶ姿勢”も持ってください。
”すぐに結果が出るものではない”のに、これらを理解していないから、すぐに辞めてしまうのです。
以前こんなことを言われたことがありました。
「あんたは理解してるからいいけど、こっちは何も分からんのにどうしたらエエねん」
こんなこと言ってる時点で、既にこの人は脱落者です。
答えは簡単『何も学ばずにこのまま終わるか』『学んで集客できるようになるか』この二択です。

ブログ集客の第一歩はターゲットを決めること

誰のためにブログを書くのか

老若男女、誰でもいいから読んでもらえればいいと思うのは間違いです。
あなたのビジネスはそんなに幅広い人に支持されているのでしょうか?
集客できていない人のほとんどは、誰でもいいから読んでほしいと思っています。
だから、誰の心にも届かないのです。
町工場のブログを女子中学生が読んでも集客には結び付くことはありません。
誰に向けて記事を書くのかを明確にした方が文章に説得力が出ます。
もっと具体的にどのような人に読んでもらいたいのかをイメージして、記事を書いて下さい。

どんな情報を求めているのか

ブログを読んでもらいたい人を決めると、次はどんな情報を欲しがっているのかを考えます。
どっぷりその業界に浸かっていれば、こんな事くらい知っているだろうと思うような事でも、他の人は意外と知らないものです。
ブログの読者は何も知らないことを前提に記事を書きます。

惜しみなく情報を提供する

ブログを書く場合は惜しみなく情報を公開します。
と言っても、会社の経理内容や顧客情報などの極秘資料は絶対に公開してはいけません。
常識の範囲内で、公開できることは公開した方が読者はブログに引き込まれます。
ポイントは『なるほど~』と何回言わせるかです。

ブログ集客の肝!キーワードを決める

キーワードを決める簡単な方法

通常キーワードを選定するために、そのキーワードが月間でどれくらい検索されているかを調べるのですが、それは上級者になってからです。
初心者はそんなことすると混乱するので、ひとまず簡単なキーワード選定法を紹介します。

1.検索エンジンにアクセス

Google、Yahoo!、Bingなどの検索エンジンにアクセスします。
普段使い慣れているものでいいと思います。

2.大きなキーワードを入力し検索する

検索窓に自身のビジネスを入力して実際に検索してみます。
コツとしては大きなキーワードで検索します。
例えば『車検』『ピアノ教室』『接骨院』などです。
では実際にYahoo!で検索してみましょう。

3.検索結果の最下部を見る

試しに『車検』で検索してみました。
いろんなサイトが検索結果に表示されますが、今回はそれを無視して下の方に表示される”関連する検索キーワード”を見るようにします。
これを参考にします。
↓ 下の画像の赤丸部分です ↓
検索結果の上下部を見る

4.地域を入れてキーワードとする

この関連するキーワードに地域名をプラスします。
例えば『車検 費用 尼崎市』のような感じです。

5.キーワードに沿った内容で記事を書く

キーワードが決まりましたら、それに沿った内容の記事を書いてください。
簡潔に書くのではなく、できるだけ丁寧に書くのがコツです。

ブログ集客で差を付けるために

ここまでは誰でもやっている事

今までズラズラっと書いてきましたがどうですか?
『よしっ!自分もブログで集客してみよう!』と思いましたか?
とれとも、
『無理!』と思いましたか?
いずにせよ、今まで書いてきた内容は何も特別な事ではなく、ブログで集客できてる人にとっては当然の事なのです。

専門用語を使わない

専門用語を使っていると、ブログの読者に凄いと思われると考えがちですが、そう思っているのはブログを書いている本人だけです。
特に技術系の人は自分に酔いしれて、このような文章を書きがちになってしまいますが、ブログの読者は、よっぽどの事がなければ意味の分からない専門用語を調べながら読み続けようとはしません。
意味が通じなければ読者は途中で読むのを辞めてブログから離れていってしまいますので、専門用語はなるべく使わないようにしましょう。

読めない漢字を使わない

専門用語と同じで難しい漢字も使わないようにしましょう。
PCやスマートフォンで入力すると、今まで見たことのないような漢字が変換されて出てくることがあります。
これをそのまま使わずに平仮名にするか、どうしても漢字を使いたければ読み仮名を付けるようにしてください。

オリジナルの文章で書く

ブログを書くときは、他人が書いた記事の真似をしてはいけません。
必ず経験を元にして、自分の文章で書くようにしてください。
真似して書いたところで、その文章には何の説得力もありません。
魂の無い文章では、ブログの読者は何も行動を起こしてくれません。

文章は下手でもOK

何も気取って上手な文章を書く必要はありません。
下手でも一生懸命に書いた文章は、相手に伝わりますので大丈夫です。
この文章を書いている私がそうですので間違いありません・・・(汗)
上手い文章より自分なりの文章の方が伝わりやすいんですよ。


ホームページの制作依頼は、ご注文フォームからどうぞ。
ご注文フォーム
 
Top