ビジネスブログのネタは身近なところにある

カテゴリー: 集客ブログ 投稿者: KeiStyle
2019年10月03日

ビジネスブログのネタは身近なところにある

ビジネスでブログを活用するといっても、今日の天気の事やランチに何を食べたとか、ブログと言ってもビジネスブログは日記を書く訳ではありません。
では何を書いてゆけばいいんでしょうか?
正解は、お客様が疑問に思っている事や知りたがっていることです。
ということで、今回はどこからブログのネタを拾ってゆけばいいのかを書いてゆきます。

【内容】

  1. こんなところにブログのネタが転がっている
  2. ブログを書くときに心がけける事
  3. やる前から否定ばかりしていると・・・

こんなところにブログのネタが転がっている

日々の業務の中で誰かに何かを質問されている

1日の仕事が終わった時、今日1日のことをよく思い出して下さい。
誰かに何かを聞かれませんでしたか?
現場作業中にお客様から、
会社にかかってくる電話で、
一緒に働いているスタッフから、
どんな些細なことでもいいです、必ず誰かに質問されていると思います。
それはビジネスブログにとって格好のネタになります。

新しいお客様はブログネタの宝庫

あなたの会社やお店に新しいお客様が来られたら、親切丁寧に説明しますよね。
それでもそのお客様はいろんな事を聞いてくると思います。
あなたは注文をもらうために、その質問に一生懸命答える筈です。
その内容を後で思い起こしてブログに書けばいいのです。

ホームページで集客するキモはブログ

ブログを書くときに心がけける事

お客様はあなたの業界の常識を知らない

そんな簡単なことも書くの?
ということでもいいので書いてください。
その業界にドップリ浸かっていると業界では常識であっても、お客様はそれを知らない事が多いからです。

あなたは次の意味が分かりますか?

『ブラウザがキャッシュを読み込んでいるので、最新情報を見るためには画面をリロードしてください』
このくらいなら、ちょっとPCの知識がある人なら普通に通じると思います。
でも分からない人には???ですよね。
このような事は、あなたの業界でも当てはまります。
基本的に、こんな事も知らないの?という事が知られていなくて当然だと思ってブログを書いてください。

小学5年生に説明するように

ブログを書くときは、仲間内で話しているような業界用語や専門用語は極力使わない事です。
普段何気なく使っている言葉でも、その業界以外の人にとっては外国語と同じくらい何を言っているのか理解できません。
お客様に伝えるためには、なるべく分かりやすい言葉を使って書くことです。
難しい言葉や飾った言葉は、ビジネスブログには必要ありません。
専門家が言うには、小学5年生の子供が理解できるような文章を書くことが理想だそうです。

やる前から否定ばかりしていると・・・

否定のち逆切れ

以前、私はある人にビジネスブログの書き方をアドバイスした事があります。
その方は
「そんなの誰でも知っている事だから書く必要がない」
「そんなこと客は知りたがっていない」
「そんなこと書いて何になるの?」
と何ひとつ聞き入れようとはしませんでした。
なんとか力になってあげようと親切に説明しているのに「そんな事で集客なんてできん!」と逆切れまでされてしまいました。

結果は最悪

結果その人は昼に食べたランチの事や、休日の出来事を数回書いただけで、その後ブログは放置状態になりました。
当然ですが、この人は全くブログで集客できませんでした。
比較的ブログで集客しやすい業種だったので、上手に続ければ必ず結果がでると思っていたのですが、残念ながらこの人は静かに廃業してゆきました。

ビジネスブログで集客するための基本


ホームページの制作依頼は、ご注文フォームからどうぞ。
ご注文フォーム
 
Top