集客出来る理由 安さの秘密 多彩なデザイン 日本全国対応可 完成までの流れ 制作実績 注文はこちら

ホームページは必要ないと思っている自営業者と世間との温度差

カテゴリー/ 迷っている方へ |投稿者/ KeiStyle

【内容】

  1. 世間はホームページを持っていて当たり前と思っている
  2. ホームページを持っていないため知らないうちにお客様を逃がしている
  3. 怖いのは濃い見込み客を逃し続けていること
  4. ネット集客しているライバル会社に水をあけられる
  5. スマホの普及で更にホームページが重要に

世間はホームページを持っていて当たり前と思っている

今の時代ホームページを持たないなんてありえません。

ホームページを持つべきか?持たないでいるべきか?
どうしようか考えていませんか?
はっきり言って今の時代、持たないなんてありえません。
世間のほとんどの人は、ホームページがあって当たり前と思っています。
その一方、ホームページは必要ないと思っている自営業者もたくさんいます。
この温度差に気付いていないために、どれだけ損をしているかご存知ですか?
世間が求めていることに背を向ける事が、ビジネスにとってプラスになる筈がありません。

何かあるとみんな検索している

いつも通っている道で新しいお店を発見しました。行ってみたいと思ったあなたは、まず何をしますか?
今度旅行に行こうと考えた時、あなたは旅行先の情報をどうやって得ますか?
車を買い替えようと思ったら、その車の事をどうやって調べますか?
観光旅行中に急に子供の体調が悪くなったら、どうやって病院を探しますか?
ほとんどの人がパソコンやスマホで検索すると答えます。
そう、今やホームページはあって当然という考えを、皆さんは持っているのです。

銀行もホームページで事業内容を確認する

銀行に法人口座を開設する際、もしホームページが無いと必要書類が増えたり、審査に時間がかかってしまう場合があるそうです。
ご注文を頂いたお客様から「銀行の審査がありますので完成日を教えて下さい」という問い合わせを、過去何度か頂いた事があります。
ホームページを持っている方が、スムーズに審査が進むとの事です。
また、今はどうか分かりませんが、数年前はホームページがないと、あるネット銀行の法人口座は開設する事すら出来なかったようです。

ホームページを持っていないため知らないうちにお客様を逃がしている

何かを知りたい時にインターネットを利用している

「ホームページが無いから、お客様を逃がしている」
こう言われてどう思いますか?
「そんな事、無い無い」
そう思っていませんか?
それは、そんな話がある事をあなたが知らないだけです。
知っている人は、とりあえずでもホームページを持とうとします。
信じられないのでしたら、一度、身の周りの人に聞いてみて下さい。
何かを調べる時に、インターネットを利用した事があるか?
ほとんどの人が、何かを知りたい時にインターネットを利用している筈です。

ホームページが無い=この世に存在していない

インターネットに出てこない会社やお店は、検索している人から見ればこの世に存在していないのも同じです。
存在すら知られていない以上、そんな事が起こっている情報が入ってこないのも当然です。
先に書いた「そんな事、無い無い」と言っているのは、そんなこと知らないからそう言っているだけなのです。
その間にも、お客様の足がライバル会社に向かっていると思うと、このままでいい筈がありませんよね。

それでも必要ないですか?

特に事業主の方は、ホームページを公開するということが、どれだけ重要かをもっと認識する必要があると思います。
商品や技術、サービスが一流なのに、ホームページを持っていない会社や施設、お店がたくさんあります。
それを知ってもらってこそ、お客様の心が動くのではないでしょうか?
もし何もしなければ、誰もあなたの会社の素晴らしさに気付くことはありません。
それでも「ホームページなんか必要ない」と言い切れますか?
ホームページが無いために、お客様を知らないうちにどれだけ逃がしているか、知らないままでいいのですか?

怖いのは濃い見込み客を逃し続けていること

検索する人は濃い見込み客

先にも書きましたが、現代人は調べたいことや知りたいことがあれば、ほとんどの人がインターネットを利用して情報を得ようとしています。
どこか良いお店がないか探すとき、
機械メーカーが難しい加工ができる外注先を探すとき、
ヘアースタイルがどうもしっくこないと悩んでいるとき、
リフォーム会社を探すとき。
プライベートに限らず、ビジネスでもインターネットは多用されています。
目的を持ってネット検索している人は、非常に内容の濃い見込み客と言えるのです。

戦わずして負けが決定している

ホームページを持っていないと、インターネットで情報を得ようとしている人の目には留まりません。
と言う事は、検索している人にとって、あなたの会社やお店は候補にも上がっていない事になります。
どこにしようか迷っている人に対し、比較対象の土俵にすら上がれていないのです。
この時点で、戦わずして負けが決定している事になります。

濃い見込み客を逃している

インターネットで検索している人は、何か問題を解決する策を求めて検索しているか、何かの情報を持てめて検索しています。
そこら辺の、通りすがりのお客様とは訳が違います。
もしライバル会社が、ホームページでその人の期待に答えていたら、確実にその人はライバル会社のお客様になります。
これからも、こんなに濃い見込み客を逃がし続けてもいいんですか?

ネット集客しているライバル会社に水をあけられる

気が付けばライバル会社は遠いところに

インターネットが苦手だから何もしていないあなたと、分からないけど必死で勉強して何とかしようとしているライバル会社。
時代の流れに逆らった集客法と、時代の流れに沿った集客法。
どちらに将来性があるでしょうか?言うまでもありませんよね。
現代のビジネスにおいて、インターネットを無視する事はできません。
やるとやらないでは、長い目でみると天と地との差になって現れるのは言うまでもありません。
今は小さな差かも知れませんが、時間の経過とともにその差は大きくなっていくのは確実です。
1年後、3年後、5年後、気が付けばライバル会社が追い付けないほど遠いところにいたらどうでしょう。
もうそうなってからでは手遅れです。

スマホの普及で更にホームページが重要に

ホームページを持っていると間違いなく有利

年々、インターネットの依存度は高くなっていると言われています。
何かあると、すっとスマホを取り出してインターネットで検索するのが、今や当たり前になっています。
もしホームページがないとどうでしょう?
その時点でライバル会社から取り残される事になります。
インターネットの依存度が年々高まっている以上、ホームページを持っていると絶対に有利です。
現代の社会では、ホームページありきで動いているのは間違いありません。

個人客はスマホの検索を多用している

スマートフォンが普及した現代においては、個人に限っていえばインターネット利用率はパソコンを凌(しの)いでいます。
法人の場合でしたら、まだPCを使っている割合が高いようですが、個人客の場合はスマホの利用率の方が高くなっています。
もしホームページを持っているならば、スマホ対応にするのがベストです。
スマホを征する者がネット集客を征する時代が、もう来ていると言ってもいいほどです。

 

ホームページの制作依頼は、ご注文フォームからどうぞ。
ご注文フォーム

料金についてこんなHPを制作しますご注文方法よくある質問プロフィール主な制作実績

Top