ホームページは必要ないと思っている自営業者と世間との温度差

カテゴリー: 迷っている方へ  投稿者: KeiStyle
2019年05月21日

ホームページは必要ないと思っている自営業者と世間との温度差

小規模な自営業だからホームページは必要ないと思っている個人事業主の方は多くおられます。
それとは逆に、一般の人にしてみればホームページはあって当たり前と思っています。
ホームページが無いために、お客様を逃しているとうのはよくある話です。
人に代わって仕事をしてくれるホームペーは、小規模な自営業にとっては役に立つ存在です。
自営業だからこそホームページが必要ではないでしょうか。

【内容】

  1. 自営業でもホームページを持っていて当たり前と世間は思っている
  2. ホームページがない自営業は知らないうちにお客様を逃がしている
  3. ホームページ閲覧者は濃い見込み客
  4. ホームページ集客しているライバル会社に水をあけられる
  5. 自営業者がホームページを持つメリット

自営業でもホームページを持っていて当たり前と世間は思っている

ホームページありきの現代社会

HPはあって当たり前と思っている

HPを持つか持たないか考えていませんか?
現代の社会はインターネット無しでは成り立たたなくなっています。
スマートフォンの普及で一般の人もインターネットとの関わりがより深くなっていますので、今の時代はっきり言って自営業のような小規模な事業でもHPを持たないなんてありえません。
世間のほとんどの人は、HPがあって当たり前と思っています。

何かあると皆ネットで検索している

いつも通っている道で新しくオープンしたお店に行ってみたいと思ったあなたは、まず何をしますか?
今度旅行に行こうと考えた時、あなたは旅行先の情報をどうやって得ますか?
車を買い替えようと思ったら、その車の事をどうやって調べますか?
出先で急に子供の体調が悪くなったら、どうやって病院を探しますか?

ほとんどの人がインターネットで検索すると答えます。
今や皆さん当然のようにスマートフォンを使っていますので、その場で検索することも珍しくなくなりました。
そう、今やHPはあって当然という考えを、皆さんは持っているのです。

自営業だからホームページは必要ない?

世間は求めている

その一方、HPは必要ないと思っている自営業者もたくさんいます。
『近所だけの小さなビジネスだし必要ないな』と思って生かせんか?
世間のほとんどの人は、どれだけ小さな事業であってもHPを公開していて当たり前と思っています。
この温度差に気付いていないために、どれだけ損をしている自営業者が多いかご存知ですか?
世間が求めていることに背を向ける事が、ビジネスにとってプラスになる筈がありません。

銀行もホームページで事業内容を確認する

インターネットを活用しているのは、何も個人だけではありません。
むしろ企業尾の方が頻繁に活用しています。
銀行に法人口座を開設する際、もしHPが無いと必要書類が増えたり、審査に時間がかかってしまう場合があるそうです。

KeiStyleでも、ご注文を頂いたお客様から「銀行の審査がありますので完成日を教えて下さい」というご依頼を過去何度か頂いた事があります。
理由は、HPを持っている方が、スムーズに審査が進むとの事です。
また、今はどうか分かりませんが、数年前はHPがないと、あるネット銀行の法人口座は開設する事すら出来なかったようです。

ホームページがない自営業は知らないうちにお客様を逃がしている

ほとんどの人はインターネットで検索している

”HPが無いから、お客様を逃がしている”
こう言われてHPを持っていないあなたはどう思いますか?
「そんな事、無い無い」
そう思っていませんか?

それは、そんな話がある事をあなたが知らないだけです。
このことを知っている人は、とりあえずでもHPを持とうとします。
何故なら、ビジネスチャンスを逃したくないからです。

一度、身の周りの人に聞いてみて下さい。
何かを調べる時に、インターネットを利用した事があるか?
ほとんどの人が、何かを知りたい時にインターネットを利用している筈です。

ホームページが無い=この世に存在していないのと同じ

インターネットに出てこない会社やお店は、検索している人からすればこの世に存在していないのも同じです。
いくら現実に存在していようが、ネット上に存在していない訳ですから、検索者にとってみればこの世に存在していないと思われても当然です。
今この瞬間にも、お客様の足がライバル会社に向かっていると思うと、背筋が凍り付きそうになりませんか?

それでもホームページは必要ありませんか?

特に事業主の方は、HPを公開するということがどれだけ重要かをもっと認識する必要があると思います。
商品や技術、サービスが一流なのに、HPを持っていない会社や施設、お店がたくさんあります。

それを知ってもらってこそ、お客様の心が動くのではないでしょうか?
もし何もしなければ、誰もあなたの会社の素晴らしさに気付くことはありません。

どんなに凄い技術を持っていても、たとえそれが世界一だとしても、知らない人からすると何の魅力のないただの普通の会社としか見てもらえません。
要するに宝の持ち腐れになってしまうのです。
それでも「HPなんか必要ない」と言い切れますか?
HPが無いために、お客様を知らないうちにどれだけ逃がしているか、知らないままでいいのですか?

ホームページ検索者は濃い見込み客

検索する理由を考えてみる

インターネットを利用して情報を得ようとしている人は、必ずその事に興味や関心がある人です。
何か問題を解決する策を求めて検索しているか、何かの情報を求めて検索しています。

・忘年会をするのにどこか良いお店がないか
・難しい加工ができる外注先はないか
・悩みのくせ毛を矯正してくれるサロンはないか
・台所をリフォームしたいが良い工務店はないか
・季節の変わりめに腰が痛くなるので治してくれる治療院はないか、など
・子育てに忙しいので家事代行業者はないか

このように目的を持っている人なので、そこら辺の通りすがりのお客様とは訳が違います。

濃い見込み客の訪問はビジネスチャンス

このように目的を持った人が訪問してくれるのがHPの凄いところです。
その濃い見込み客に対し自社の強みや商品を伝えることができるのですから、こんなビジネスチャンスは他にはありません。

ただ、いくら見込み客が訪問してくれたとしても、HPの内容が充実されていないと効果も半減します。
その時のために、常日頃からHPを充実させておくことは非常に大切なことです。

ホームページ集客しているライバル会社に水をあけられる

気が付けばライバル会社は遠いところに

インターネットが苦手だから何もしていないあなたと、分からないけど必死で勉強して何とかしようとしているライバル会社。
時代の流れに逆らった集客法と、時代の流れに沿った集客法。
どちらに将来性があるでしょうか?

言うまでもありませんよね。
現代のビジネスにおいて、インターネットを無視する事はできません。
やるとやらないでは、長い目でみると天と地との差になって現れるのは言うまでもありません。

今は小さな差かも知れませんが、時間の経過とともにその差は大きくなっていくのは確実です。
1年後、3年後、5年後、気が付けばライバル会社が追い付けないほど遠いところにいたらどうでしょう。
もうそうなってからでは手遅れです。

戦わずして負けが決定している

HPを持っていないと、インターネットで情報を得ようとしている人の目には留まりません。
どこにしようか迷っている人に対し、比較対象の土俵にすら上がれていないのです。
と言う事は、検索している人にとって、あなたの会社やお店は候補にも上がっていない事になります。

もしライバル会社が、HPでその人の期待に答えていたら、確実にその人はライバル会社のお客様になります。
せっかく濃い見込み客がいるのに、この時点で戦わずして負けが決定している事になります。
これからも、こんなに濃い見込み客を逃がし続けてもいいんですか?

自営業者がホームページを持つメリット

ホームページを持っていると間違いなく有利

年々、インターネットの依存度は高くなっていると言われています。
何かあると、すっとスマホを取り出してインターネットで検索するのが、今や当たり前になっています。
もしHPがないとどうでしょう?

その時点でライバル会社から取り残される事になります。
インターネットの依存度が年々高まっている以上、HPを持っていると絶対に有利です。
現代の社会では、HPありきで動いているのは間違いありません。

個人客はスマホの検索を多用している

スマートフォンが普及した現代においては、個人に限っていえばインターネット利用率はパソコンを凌(しの)いでいます。
法人の場合でしたら、まだPCを使っている割合が高いようですが、個人の場合はスマホの利用率の方が高くなっています。

もしHPを持っているならば、スマホ対応にするのがベストです。
スマホを征する者がネット集客を征する時代が、もう来ていると言ってもいいほどです。

ウチみたいな小さなお店にHPは無縁の話と思っていませんか?
小さなお店が大手チェーン店に勝つには、お店の強みや特徴、それと事業主の事をお客様に伝える事。
人員に限りがある小規模事業こそ、マンパワーの替わりにHPを活用する必要があると思います。

ただ、ほとんどのHPに言えるのがあまり更新されていなくて、自店の強みや、熱い想いを伝えることが出来ていません。
だから、HPで集客できないのです。
そんな事業主にとっては、HPなんて効果がないと思うんでしょうね。
HPでしっかり強みや熱い想いを伝えると、そのことを知ったお客さんって、常連客になってくれるんですよ。

<< 前の記事へ
」 
 次の記事へ >>
 
Top