不正ログインされにくいような対策を施しています

カテゴリー/ 迷っている方へ |投稿者/ KeiStyle

ホームページは絶えず狙われている

政府や大企業のホームページに限った話ではない

ホームページを公開していると、絶えずサイバー攻撃の危険にさらされています。
『○○のホームページがハッキングされた』というような事件を目にした事があると思います。
これは政府や大企業のホームページに限った話ではなく、個人で所有している小規模のホームページでも被害に遭う事があるのです。

 

サーバーに侵入してくる

ホームページを公開するためには、インターネット上のサーバーという場所にデータをアップロードしなくてはなりません。
このサーバーに不正侵入し、内容を改ざんしたりデータを破壊したりします。
不正侵入してくるのは、ほとんどの場合が人ではなくプログラムされたコンピューターシステムです。

 

ログイン画面を強化しています

KeiStyleが制作するホームページはワードプレスというシステムを使っています。
ブログを書いたりする時は、お客様がパソコンでワードプレスにログインして操作するのですが、このログイン画面を不正アクセスされにくいように強化しています。

 

人の手を介さないとログインできません

この不正ログイン対策を施した画面ですが、下の画像のように手入力しないといけない欄を追加しています。
ここに入力する4文字はその都度変更されますので、今のところ人の手を介さずにコンピュータープログラムだけでは侵入できないようになっています。
siteguard

 

万が一のためバックアップしています

ただ、いつこれを破るシステムが開発されるかも知れません。
万が一、ホームページのデータを破壊されたとしても、KeiStyleではサーバーのデータを、週一回他のサーバーにバックアップしてデータを残しておりますので、元の状態に戻すことが可能になっています。

Top