複合キーワードと単独キーワードのどちらからのアクセスが効果的か?

公開日:2019年08月30日
カテゴリー: 集客ブログ 投稿者: KeiStyle

複合キーワードと単独キーワードのどちらからのアクセスが効果的か?

検索キーワードを分析すると、検索者の目的が分かります。
ネット集客において、この検索者の目的を知ることは非常に重要なことです。
また、複合キーワードでの検索と単独キーワードでの検索を比較すると、複合キーワードの方が検索目的が具体的に分かります。

【内容】

  1. 複合キーワードでの訪問者の方が圧倒的に効果的
  2. 単独キーワードでは的が絞れない
  3. 複合キーワードは目的が明確

複合キーワードでの訪問者の方が圧倒的に効果的

検索窓に打ち込む言葉がキーワード

私は普段から使い慣れていますので、キーワードという言葉を当たり前のように使っていますが、皆さんはキーワードの正確な意味を理解できていますか?
例えば、インターネットで検索するときに『伊豆 温泉』や『天気 大阪』のように入力しますよね。
この、言葉が『キーワード』になります。
尚、一つだけのキーワードで検索することを単独キーワードと言い、複数のキーワードで検索することを複合キーワードと言います。

複合キーワードからの訪問者は内容が濃い

結論から言いますと、複合キーワードからの方が圧倒的に内容の濃い訪問者と言えます。
それは、複合キーワードの方が検索者の意図がはっきりするからです。

単独キーワードでは的が絞れない

検索目的が絞れない

例えば『ブログ』というい単語だけで検索しているとしたら、検索ユーザーは何を求めているのでしょうか?
これからブログを作りたいのか?
人のブログを読みたいのか?
そもそも、ブログの意味が分からなくて検索しているのか?
いろんなパターンが予測できますよね。
要するに、的が絞れないことになります。

検索で不利になることも

自分が求めていないホームページに訪れた訪問者は、他のページを見ずにそのまま立ち去ってゆきます。
これを直帰と言います。
まあしょうがないかと思いがちですが、実はそうではありません。
通常、直帰率が高いサイトは低いサイトに比べ検索順位が上がりにくくなりますので、無視する訳にはいきませんよね。

複合キーワードは目的が明確

望んでいる訪問者が訪れる

では、これはどうでしょう。
『港区 美容院 縮毛矯正』
こんな風に複合キーワードで検索されると、的が絞りやすいですよね。
”縮毛にお悩みの方が港区で美容院を探して検索している”と予測できます。
要するに、港区の美容院にとっては、この検索者からのアクセスは非常に内容の濃いアクセスと言えるのです。
このように、キーワードというのは検索者が複数打ち込めば打ち込むほど、何を求めているかを明確に知ることができます。

小規模ビジネスは複合キーワードを狙う

小規模の事業の場合、単独キーワードを狙うべきではありません。
あまりにも意味の広い単独キーワードで上位表示されるためには、相当な労力をかけない限り実現するのは不可能です。
仮に単独キーワードで上位表示されたとしても、目的に合わない(お客様にならない)無駄なアクセスが増えるだけで、その労力に見合った成果は望めません。
それよりも、検索数が少なくても目的がはっきりとした複合キーワードを狙う方が賢明です。


ホームページの制作依頼は、ご注文フォームからどうぞ。
ご注文フォーム
 
Top