KeiStyle日記

KeiStyleのロゴマークはこうして生まれました

制作時間はたったの3分。自分でデザインしました。

KeiStyleのロゴマークは『招きネコ』です

商売上、縁起を担いで招きネコは絶対に使おうと思い、原案を3分くらいでサラサラと書きました。
笑顔で運を招くネコです。

 

logo-hiwa2

 

これをベースにアレンジを加え、カッコよく仕上げようと目論んだのですが・・・

 

凝れば凝るほど・・・

「カッコよく仕上げるぞ」と気合を入れてデザインに取り掛かったのですが、複雑なデザインになればなるほど、凝れば凝るほど、どんどん  になっていきます。
招きネコが化け猫のように・・・
恥ずかしすぎて、ここではお見せ出来ません(汗)。

 

シンプルが一番ですね

という訳で、初めに書いた原案を元に少し立体的にアレンジしました。
右横にKeiStyleの文字を入れ、更に読めないといけないので平仮名も入れました。
実はこのロゴマーク、私の想いの通り結構  を招いてくれています。
(決して儲かっているという意味ではありませんので・・・)

 

logo-hiwa

 

 

「絶対無理!」は最高のチャンス!

絶対無理に何の根拠もない

新しいことを思いついて、家族や知人に話すとよく帰ってくる言葉が
「そんなこと絶対無理!」「やめとき、やめとき」という言葉です。
皆さんも、そんな経験をした事がありませんか?

そう言われて「ダメか~」と諦める事って、凄くもったいない事なんですよ。
何も知らない人が、無責任に勝手に無理って決め付けてるだけなんですから。

その証拠に、無理って言った人にその理由を聞いてみて下さい。
「そんなもの買う人なんていない」「誰もほしがらない」というように、抽象的な理由しか出てきませんから。絶対に。

 

今では当たり前の商品でも

今では当たり前になった商品の中にも、過去にこんな話たくさんありました。

【初めて、ペットボトルでお茶を売りたいと言った飲料メーカー】
「お茶なんか家で沸かせるのに誰も買わない」

【初めて、スクーターを売りたいと言ったオートバイメーカー】
「オートバイは足を揃えて乗るもんじゃない」

【初めて、おにぎりを売りたいと言ったコンビニ】
「家で簡単に作れる物、買う人はいない」

【初めて、ゆるキャラを提案した組織】
「そんなもの人気がでる訳がない」

こんな事って過去にたくさんありました。
これって、今では当たり前の事ですよね。

最近の大ヒット商品にマッサージ付きクッションというのがありますが、これも
「クッションにそんな機能付けても売れない」と、始めは社内で一蹴されたそうです。

 

私も最初に言われました

何故、こんなことが起こるのでしょうか?
それは、多くの人が勝手に無理だと思い込んでいるので、始める人がいないからです。
だから、競合が無く始められるので成功しやすいのです。

このように、皆が無理という事は、裏を返せば大チャンスなのです。

実は私もこの仕事を始めようか迷っていた時
「ホームページの制作を、インターネットだけで直接会わずに注文する人なんかいない」
と周りの人にそう言われました。
この反対意見があったからこそ、私はこの事業を始める決心を固める事ができたのです。

 

 

ネットは無料という間違った概念

ネットは情報の宝庫しかも無料?

いろんな情報が無料で手に入る

何か分からないことがあると、ネットで検索するといろんな情報が出てきます。
基本的に料金は無料です。
そこで近頃多いのが、ネットは何でも無料と思っている人。
あなたもそう思っていませんか?

 

無料で対応できません

先日、こんな問い合わせのメールが入ってきました。
「ブログに画像をアップする方法が分からないので教えて下さい」
最近、趣味で始めた無料ブログサービスに画像をアップしようとして上手くいかなかったみたいで、当方に問い合わせを頂きました。
「ご予算はどれくらいをお考えですか?」
と少し意地悪な返事をしたのですが。
「えっ、こんなことにお金が掛かるんですか?」
と、予想通りの返事が返って来ました。

 

人が動くとコストが発生する

この場合、無料でブログを提供している会社に問い合わせるのが普通です。
当方が作成したホームページで、その使い方が分からない問い合わせは無料で対応しますが、突然見ず知らずの方からの無料ブログサービスについての問い合わせには、普通では対応できません。
ネットは何でも無料と思い込んでいる人が多いようですが、人が動いている限り何でも無料というのは大きな間違いです。

 

 

失敗に向き合う姿勢が成功を生む

よく「失敗した」と落ち込んでいる人を見かけますが、成功者の多くは、そうとは思わないそうです。

普通の人は失敗すると
「こんなことしなければよかった」
と後悔します。

ただ、成功者と呼ばれる人たちは少し違っています。

「なるほど、これが原因で上手くいかなかったのか」
と、その経験を元に次の手を考えるそうです。

常に前を向いて頭の切り替えが早いのです。

以前、イチロー選手が4000本安打を達成した時、テレビでこんなことを言っていました。

「僕が誇れることはヒットを4000本打ったことじゃないんです。僕の成績からいうと8000回の悔しい思いをしたんですよね。それと向き合ってきたことが誇れることなんです」

なるほどと、うなずいてしまいました。

失敗した悔しさに真摯に向き合う気持ちの強さ。
これが成功の秘訣だと教えられました。

 

 

人間ドックが1,000円?即予約しました。

毎年この時期になると健康診断を受けるのですが、今年は毎年通っている個人の診療所ではなく、少し大きな病院に行くことにしました。

ここからは、その病院に予約に行った時の、私と受付の看護師さんの会話です。

「健康診断の予約をお願いします」
「普通の健康診断でよろしいですか?」
「はい、市から通知が来ている普通のでお願いします」
「人間ドックはどうしますか?」

(簡単な健康診断でいいのに、そんな大げさな・・・)←私の気持ち

「いえいえ、そんなの結構です。普通のでお願いします」
「市から助成金が出ますので千円で受けられますよ」

(えっ、たった千円で?金額を聞いて気持ちが激変)

「そ、そうなんですか?ではお願いします!いつが空いていますか?」
「まず市役所に申請に行って下さい。申請には10日間くらいかかりますので、それ以降なら比較的空いていますよ」

(ダメもとで)

「土曜日でも大丈夫ですか?」
「はい、大丈夫ですよ」

(ラッキー!)

「では10月29日にお願いします」
「分かりました。それではその日にお待ちしています」

詳しく聞くと、数年前から助成金が出ていたらしく、その事は全く知りませんでした。
さらに土曜日にも診てもらえるなんて。

初めての人間ドックに少しワクワク。
でも、初バリウムに少し不安です・・・

 

 

IoTという言葉を聞かない日がないほどネットが身近になっている

人々の生活にインターネットが入り込んでから、どれ位の日々が経過したでしょうか?
特に最近は、IoTという言葉を聞かない日がないほど、インターネットは身近になってきています。

IoTを簡単に説明すると、あらゆる物をインターネットに接続するという事です。

現在、パソコンやスマホ、カーナビなど身近な電化製品がインターネットに繋がっています。
大学の合格発表や就活のエントリーシートの提出にもインターネットを活用しています。

また、ビジネスの世界で考えると、経理をインターネットで管理している会社や、タブレットで注文する飲食店、更には建設機械をインターネットに繋いで使用状況を管理している建機メーカーもあるほどです。

これからもどんどん私たちの生活に入り込むインターネット。
いずれは、インターネットに関係のない物までもインターネットに繋ぐ時代が来るそうです。
今では考えられない物までも将来はインターネットに繋がるなんて、想像するだけでワクワクしてきませんか?

 

 

ブログの更新は未来への投資だと思って頑張っています

ビジネスブログで何が辛いかといえば、継続して書き続ける事です。
「今日は書くのをやめよう」
「一日ぐらい休んでも大丈夫」
と心で囁く弱い自分に打ち勝つための秘策。
それは、『今日書いているブログは未来への投資』と思う事です。

今書いているブログで明日どうなる物でもありません。
ただ、過去に書いたブログがあるからこそ今があるのは事実です。
ゆっくりゆっくりでも、毎日続けていると結構前に進むものです。

事業を始めた時の仕事が無かった時を思えば、ブログを書く辛さなんて何ともありません。
ブログを書くのを辞めたら元に戻ってしまう。
これくらいの気概がないと、ネット集客なんか出来ないのではないでしょうか。

 

 

お金を払っているからってその態度はどうなのかな?

お客様は神様?

以前、ファストフード店で「金を払ってるのはこっちだぞ!」と怒鳴っている人を見た事があります。
傍から見ていて、そんなに血相を変えて怒る様な対応をしていたようには見えませんでしたが、何か気に障る事があったのでしょうか。
公衆の面前で、いかにも俺はお客様だぞと言わんばかりの上からの態度に、正直あんた何様のつもり?と心の中で思ってしまいました。
お金を払うって、そんなに偉いんですか?

 

私は同列だと思っています。

私はお金を払う方が、必ずしも上なんて考えていません。
いくらたくさんお金を持っていても(私がたくさん持っているという意味ではありません・・・)、商品を売ってもらえなければ商品を手にする事が出来ないからです。
私は、お客様には当然『ご注文頂きありがとうございます』という感謝の気持ちを忘れずに持っています。
それは当然の事で、何も珍しい事ではありません。
ただ、買い手側になった時も『売って頂いてありがとうございます』という考え方を持っています。
売り手も買い手も、感謝するという意味では同列だと考えているからです。

 

お金を払っているのに「ありがとう」

大阪では、レジで「ありがとう」と言いながら商品を受け取る光景をよく目にします。
お金を払っているのに「ありがとう」と言うのです。
それも一人や二人じゃありません。ほとんどの人がこんな感じです。
この光景は、他の地域から来ている人、特に外国人からは不思議に思うそうです。
私は子供の頃から見慣れているせいか、何も不自然に感じませんが、商人の町大阪では、売って頂く感謝というのが自然と身に付いているのではないかと思います。

 

 

あって当たり前に感謝する時間を頂きました。

Googleのアクセス解析システムに障害が発生

今は復旧していますが、つい最近Googleのリアルタイムのアクセス解析システムに障害が発生し、閲覧できない状態がしばらく続いていました。
いつも利用しているシステムが突然使えなくなり、その数日間は本当に不便を感じました。
無料のシステムを使わせて頂いているので文句を言う訳にはいかず、ただ復旧を待つ事だけしか出来ませんでした。

 

当たり前は大切

各地で頻繁に災害が起こっていますが、日常の有り難さを身をもって感じた方も大勢おられると思います。
それに比べれば、私の経験などほんの些細な事ですが、それでも当たり前の日常に感謝する良い機会になりました。
失ってからでは遅い”あたり前”を、大切にしていかなくてはいけないと思った時間でした。

 

 

突然ですが私のストレス解消法をお伝えします

私のストレス解消法

どうしてもストレスは溜まります

皆さん、事業を営んでおられたら、いろいろとストレスが溜まると思います。
特に月末に近づくと支払いが・・・
どうしても、イライラしてストレスが溜まってしまいますよね。

 

携帯電話をバッキッ!でストレス解消

そこで、私のストレスの解消法!
二つ折り携帯をバキッ!とやってしまいます。
ドラマなんかで、浮気がバレた時に奥さんが真っ二つに折っているのを見ますよね。あれです。
結構スッキリしますよ。
でも、本物の携帯でやっちゃダメですよ。
後で、絶対後悔しますから。
では、どうすればいいか?

 

モックをゲットする

ヤフオクで『携帯 モック』というキワードで検索して下さい。
モックとは、携帯電話屋さんに置いているサンプル模型の事です。
少し古い型でしたら、50個1,000円位で出品されていますので、これを入手して下さい。
あとは、これをストレスが溜まった時にバキッ!とやれば気分爽快。
病みつきになりますよ。
私なんか、絶えず10台はストックしています・・・

 

 
1 / 212
Top