集客ブログ

回答が返ってこないのはメールアドレスが間違っているのかも

フォームからの問合せに回答が返ってこない

返事をしたくてもできない場合がある

ホームページのフォームから問合せしても、いつまでたっても返事が返ってこないという経験はありませんか?
「せっかく問合せしてやってるのに、返事を返してこない。やる気があるのか!」
と、お怒りになった経験がある人もおられるでしょう。
ただこのような場合、ほとんどの場合が”問合せした側に原因がある”という事をご存じですか?

 

メールアドレスの記入間違いは返事のしようが無い

その原因で一番多いのが、メールアドレスの記入間違いです。
受信したメールに、そのまま返信したらいいと思われるでしょうが、実はフォームでの受信は誰からのメールか分かりませんので、メールアドレスの記入間違いがあると返信のしようがないのです。

 

メールの着信拒否設定も原因のひとつ

メールのアドレスが間違っていなくても、メールが届かない場合があります。
それは、携帯電話へのメールの時に多く発生します。
全ての人がそうではありませんが、着信拒否の設定をしているケースは非常に多いです。
その事を忘れて、携帯電話のメールアドレスをフォームに記入されると、メールを送信する事が出来ません。

 

対策はフォームに電話番号を入力してもらう

メールアドレスの間違い対策として、電話番号を必ず記入してもらうとう方法があります。
メールが送信できない場合でも、直接電話で用件を伝えたり、メールアドレスの確認をする事もできます。
電話番号も間違って入力される方もおられますが、かなりの確率で返事が出来ないという事態は免れることが出来ます。

 

 

参考にしよう!ダメなホームページ

こんなホームページが参考になる

時間の経過が止まっている

全く更新されていなくて、止まってたままのホームページをよく見かけます。
こんなホームページを見てどう思いますか?
真冬に見たホームページに『ただいまサマーキャンペーン中!』
真夏に見たホームページに『明けましておめでとうございます』
最終更新履歴を見ると『(数年前)年○月○日:ホームページを更新しました』
こんなホームページを見た人が思う事は共通しています。
ここ倒産したのかな?

売り込みばかりしている

「ウチの商品は良いですよ!最高ですよ!」
こんなホームページも、よく見かけます。
何がどう良いのか?どう最高なのか?
何も説明なしに、売り込んでいるだけのホームページ。
こんな事されると、引いてしまいませんか?
ネット上には、こんなホームページ運営をしている会社がたくさん存在します。

商品写真がチープ

ピンボケ、被写体ブレ、暗い、など、適当に撮った写真を商品写真に使っているショップがあります。
実際に手に取ってみる事の出来ないインターネットの世界では、写真の良し悪しが大きく影響してきます。
どんなに素晴らしい商品でも、写真がチープだと、商品もチープだと思われてしまいます。
プロの写真家でも、一つの商品に何十枚、何百枚と撮影します。
スマホで一発撮りした写真を使うのは非常にキケンです。

人が見えない

ホームページに使われている写真が、全てイメージ画像。
文章も無機質で堅苦しい。(どっかからパクッてきたような文章)
ここ架空の会社?と思ってしまうホームページを見かける事があります。
どのページを見ても、ホームページに全く人気(ひとけ)がないので、生命感が感じられない。
ホームページを運営しているのは『人』であり、お客様も『人』です。
ホームページにも人情が必要です。

ダメなホームページをしっかり見て考えましょう

反面教師にして下さい

このように、ダメなホームページには、ダメな情報がてんこ盛りです。
こんなホームページからは、お金を払って商品を買いたくないですよね。
ご自身の目でダメなホームページをしっかり見て、そのダメな部分のカイゼン案を考え、自分のホームページにフィードバックします。
ホームページを運営していくのに、とっても良い勉強になりますよ。

 

 

ホームページで価格競争を防ぐ

価格競争になる原因

通常、買い物する時には、いろんな事を比較します。
機能、価格、保証、デザイン、等々。

例えば、機能と価格が全く同じの、中国製と日本製の商品があるとします。
あなたならどちらを選びますか?

日本製の商品を選びますよね。

また、日本製の方が若干高くても、おそらく日本製を選ぶでしょう。
何故なら、日本製なら安心という事を、皆が知っているからです。
これが、価値です。

もし、この価値が分からなければどうなるでしょう?
お客様の比較対象は価格だけになってしまいます。

価値を伝える

価格競争にならず商品を販売する方法。
それは『価値を伝える』ことです。
価値が価格を上まれば、思っているほどお客様は価格を気にしなくなります。
比較対象が、価格ではなく価値になるからです。

価格競争にならないための秘訣は
 価値 > 価格 
にする事です。

ブログ機能は価格競争を防ぐのに最適

価値を伝えやすい

ブログ機能が付いているホームページは、お客様に価値を伝えるのに最適です。
ホームページは言葉では言い尽くせないほどの情報を掲載できます。
それも、その情報は消えたりせずに、いつまでも残っています。

1年後でも5年後10年後でも残っていますので、お客様は好きな時に好きなだけ見る事ができます。
これが、ブログ機能付きホームページは価値を伝えやすいという理由です。

決して売り込まない

ブログ機能を使って、技術やサービス、商品の特徴など あなたの会社・お店の強み” をホームページに書き綴って下さい。
あなたが普通だと思っていることでも、どんな些細なことでもいいですから、お客様の顔を想像しながら書くのがポイントです。

ただ、売り込みだけは決してしないで下さい。
お客様は引いてしまいますから。
お客様に伝えるのは、あなたの商品を使うと、どんな風に幸せになるか。
これをホームページで伝え続けると、お客様の購買意欲に変化が現れます。

>>『自分でページが増やせます(ブログ機能)』

 

 

パソコンの苦手を克服するたった一つの事

パソコンを使えないと生き抜いていけない

パソコンを敬遠するとライバルに置いて行かれる

今やパソコン抜きで、ビジネスは成立しなくなってきています。
「もっとパソコンが使えたら」
「何から勉強していいのか分からない」
「パソコンを触るのが苦痛」
こんな悩みを持った会社経営者はたくさんいます。
だからって、パソコンを敬遠していたら、ライバル会社に置いて行かれるばっかりです。
もう一度言います、今やパソコン抜きで、ビジネスは成立しない世の中になっています。

パソコンが苦手な人が繰り返す事

パソコンを覚える事が出来ない人の典型的な行動パターンは、分からないからと人に聞く事です。
とにかく誰かをつかまえて、その人に聞いて操作します。
そして、操作する事に必死なせいで、内容は全く覚えていません。
なので、また同じことが起こると、誰かをつかまえないといけないのです。
パソコンが苦手な人は、これを繰り返します。

パソコンを克服する簡単な考え方

他人に依存していては克服できない

他人に依存していては、苦手なパソコンを克服する事はできません。
パソコンを覚えたければ、人に聞かない事です。
できるだけ自力で解決して下さい。
人に頼れば頼るほど、頼りグゼがついて克服できなくなってしまいます。

これを覚えるだけで克服できる

では、分からない事があったらどうすればいいのか?
それは、分からない事が出てくると ネット検索で調べるのです。
ネットで検索すると、必ず答えが出てきます。
その答えが載っているホームページを”お気に入り”に登録しておけば、また分からなくなった時に、そのホームページを開けばいいのです。
パソコンを使っていて分からない事が出てきたら、とにかくネットで検索して下さい。
人に聞くのは最後の最後です。
これさえ覚えれば、きっとパソコンの苦手は克服できます。

 

 
4 / 41234
Top