ホームページの文章を考えるヒント

会社・お店の特徴の文章を書くヒント

他のホームページと差別化できるポイント

ホームページで一番特徴が出る部分です。
競合他社と差別化が出来ていないと、価格競争に巻き込まれてしまいます。
ここは、しっかりとアピールしておきたいところです。

自社の特徴

『勤続○○年以上の社員が多い』『○○資格所有の社員がいる』『○○という特殊技術を持っている』など、ウリになる部分を書いて下さい。
お店を経営しているのなら『○○コンテストで入賞しました』など。
また、『駅に近い』や『夜遅くまで営業している』もウリになります。

お客様が満足してくれている理由

お客様に、自社の商品やサービスに対して満足して頂いている事や、お客様が受けるメリットがどんな事かを考えて下さい。
普段、お客様から言われる感謝の言葉や、満足して頂いている点を思い出すと書きやすいと思います。
また、お客様に直接聞いてみるのも悪くありません。
『こんな事で満足して頂いていたのか』と、意外な発見をすることもあるようです。

 
 

 

こだわり・経営理念の文章を書くヒント

お客様に対しての想い

こだわり・経営理念=お客様に対しての想いになります。
いつもこんな気持ちで事業を営んでいるという事を書いて下さい。
思いつかない時は、事業を始めた当時の事を思い出せば書けると思います。

経営理念

現在営んでいる事業の、基礎となる基本的な考え方です。

顧客満足のためにしている事

大きな事から些細な事まで、お客様にご満足頂くためにしている事や思っている事。
また、お客様が笑顔になる事などを書いて下さい。

こだわりの商品・サービス等

事業を営んでいて、これだけは譲れない事があると思います。
今まで事業を続けてきて『特にこだわっている事』を書いて下さい。

 

 

競合先と比較して優っている文章を書くヒント

お客様を引き付けるポイント

競合他社と比較して優れている所は、お客様を引き付けるアピールポイントになります。
ホームページには是非とも掲載したい内容です。

他社では真似できない技術やサービス

競合他社がやっていない事や、やっていても他社より優れている事など、自社の強みを書いて下さい。
お客様が、他社では受けられない満足感や幸福感などを考えるといいと思います。

他社より有利な点とその理由

自社を選んで頂いたために、お客様が受けるメリットを書いて下さい。
ホームページを訪れたお客様は、このメリットを重要視します。
メリットを感じてもらえないと、お客様は注文や問い合わせ、来店はしません。
更に、メリットを感じる理由も書けば、説得力が一段とアップします。

 

 

事業内容の文章を書くヒント

この部分がホームページの生命線

事業内容の基本ページには、取扱い商品や大まかな事業内容の説明をします。
細かい内容に関してはブログ機能を利用し、ホームページ完成後にお客様の手によって追加していって下さい。
この追加する部分が、ホームページの生命線になるほど重要な事です。

>>自分でページが増やせます

事業内容のページの例

事業内容のページのヒント
ご協力:(株)ETP様

 

 

会社概要の文章を書くヒント

特に難しくありません

このページに使用する文章は、特に難しくありません。
会社の住所や営業時間等を紹介するだけですので、特に考える事はありません。
一番上の部分に、簡単な事業内容を入れるといいですね。

会社概要のページのヒント

①会社概要の上部には、簡単な事業内容を書きます。
②会社名や代表者名、所在地、電話番号など基本的な内容です。株式会社なら、資本金や従業員数、主要取引銀行なども入れます。
③グーグルマップを埋め込みます。

関連記事

>>社長挨拶のページのヒント
>>事業内容のページのヒント

 

 

社長挨拶の文章を書くヒント

長めの文章が理想的

ホームページの基本制作ページで、力を入れたいページの一つが「社長挨拶文」です。
ただ、ホームページ制作のご注文を頂くお客様が、文章の作成で一番悩まれるのが、この文章です。
あまり短すぎると、ホームページに訪れた人に、事業に対して深い想いを持っていないと思われてしまいます。
できれば、長めの文章の方が理想的です。

大切なページの一つ

ホームページに訪れた、ほとんどの人が覗くページですので、しっかりした内容で制作しないと、信用を落としてしまいます。
どうしても、文章が思いつかない時は、「社長挨拶」で検索してみてください。
たくさんの社長挨拶のページが見つかりますので、その文章を参考にするのも良いと思います。(文章を完全に真似する事は、絶対にしないで下さい)

社長挨拶文のサンプル

社長挨拶の文のヒント

①本文には、経営理念や事業に対する熱い想いを書きます。
ホームページに訪れた方に、語りかけるような文章にすれば、読み手に受け止められやすくなります。

②代表者様の顔写真は必須です。
どんな綺麗な文章を並べても、1枚の写真にはかないません。

③できましたら、代表者様の経歴も入れる方が良いと思います。
自分が歩んできた人生を知ってもらう事も、お客さまへの信頼につながります。

 

 
Top