Homeネットショップ奮闘記 > ネットショップ奮闘記(その5)
ネットショップ奮闘記(その5)

携帯電話のペイントショップが雑誌で紹介されブレイクした後、数ヶ月くらい過ぎて、やっと普段の落ち着きが戻ってきました。
この間は対応しきれないほどの注文で、たくさんのお客さんに迷惑をかけてしまいました。

今までのキャンセル率は2%程度だったのに、約20%の注文がキャンセルになってしまったのです。
お客さんに、ずいぶん迷惑をかけてしまったと大いに反省しました。

その後も、インターネットでストリーム配信されている番組の取材や、テレビでよく見かけるタレントさんとの対談依頼などありましたが、この経験から全て断ることにしました。
今考えると少しもったいなかったかも(笑)

その後、このブレイクした間にペイントした携帯電話を撮影した写真がたくさん貯まっていたので、毎日1種類ずつホームページに公開していくことにしました。
すると、また今までと違った反応があったのです。

注文がぽつぽつコンスタントに入ってくるようになったのです。
毎日の注文量は少ないのですが、1っヶ月にすると結構な量になりました。
お客さんに迷惑をかけない位の、ちょうどいい受注量です。

原因を色々考えたのですが、ホームページを毎日更新して、携帯電話の画像が増えていくことにより、ホームページに“にぎわい”がでてきたのです。
この“にぎわい”が出てきたことで、お客さんに、このインターネットショップは安心と思ってもらえ、敷居が低くなったのだと思います。

実店舗と同じでインターネットショップにも“にぎわい”が大切だということを知りました。インターネットショップって本当に面白いですね。





ネットショップ奮闘記(その5)

Copyright © 2017,hp.kei-style,all Rights Reserved.