Home自作ホームページの落とし穴 > プロパイダの無料サーバーでホームページを開設したために起こる悲劇
プロパイダの無料サーバーでホームページを開設したために起こる悲劇

サーバーのサービスが終了すると一からやり直しになる事も

プロバイダの都合で終了になる

プロバイダの無料スペースを使い、ホームページを公開している方も多いと思います。
http://~zaq.ne.jp/○○ や http://~so-net.ne.jp/○○ 、http://~biglobe.ne.jp/○○ などのホームページがそうです。
このように公開されているホームページは、維持費がゼロという事で魅力を感じている人が多くいますが、一方的に終了されるサービスに困っている人もまた多く見受けられます。

 

ホームページを引っ越しするだけではすまない

独自ドメインを使用していれば、そのままのURLで引っ越しできますが、プロバイダの無料スペースを使っていると、ホームページを引っ越しするとURLが変わってしまいます。
そうなると、URLを知っているお客様に連絡しないといけませんし、名刺や会社案内などの印刷物も全て作り直さないといけません。
これだけでも大変な作業になりますが、それ以外にも大変な事がおこってしまいます。

 

ホームページの評価はゼロに戻る

今まで検索結果の上位に表示されていたからといって、同じホームページを作っても、今までのように検索には表示されません。
URLが変わると、内容が全く同じホームページでも検索システムからの評価はゼロからのスタートになるからです。
ですので、引っ越しした途端に検索圏外になってしまう事も珍しくはありません。
長い年月をかけて築いてきた評価が、一瞬にして水の泡となってしまいます。
評価を引き継ぐ方法はありますが、専門知識がいる上にプロバイダによってはそれが使えない場合もあります。

 

最悪の場合経営が破綻する事も

検索からの評価がゼロになってしまては、今まで出来ていたホームページからの集客が出来なくなってしまいます。
アクセスはほとんど無くなってしまいすし、当然問い合わせも全く入ってこなくなります。
始めのうちは、ホームページからの反応の無さに戸惑ってしまう事でしょう。
まだ戸惑うくらいならマシなのかも知れません。
ホームページからの注文が無くなる訳ですから、それが原因で経営が破綻してしまう場合だってあるのですから。

 

健全に営業していても廃業したのかな?と思われる

お気に入りに登録して頂いている人が、再び訪れようとしたら突然ホームページが無くなっていた。
この人は、お気に入りに登録してるくらいですから、よっぽど濃い見込み客のはずです。
ホームページが何処かに引っ越ししたのかな?と思って検索してくれるのならまだ救いがありますが、中には廃業したのではないかと思い込む人も少なくありません。
もう少しでお客様になる筈の人が、これで離れて行ってしまいます。
せっかくの苦労が一瞬にして無駄になってしまいます。

 





プロパイダの無料サーバーでホームページを開設したために起こる悲劇

Copyright © 2017,hp.kei-style,all Rights Reserved.