ターゲットにしていない人からの問合せを減らす方法

カテゴリー/ 集客ブログ |投稿者/ KeiStyle

効率を上げるためにはターゲット客以外からの問合せを減らす

ターゲットを絞らないと無駄な手間が増える

あなたの会社(お店)は、こんな人に来てほしいというターゲットを絞っていますか?
ホームページの運営では、ターゲットを絞らないと無駄な業務が増え、必要以上に手間が掛かってしまう事があります。
絶対にお客様にならない人への対応ほど、無駄な事はありません。

 

ポリシーに反した問い合わせは入ってこない方がいい

例えば、セレブに向けて”こだわりの高級品を取り扱っていて値引きは一切しない”というお店があるとします。
そこに、ホームページを見た人から、値引き依頼の問い合わせが入ったらどうでしょう?
明らかにターゲット以外の訪問者からの質問っていう事になりますよね。
回答するのに手間がかかってしまうだけで、この訪問者はお客様にはなりません。

 

この一文をホームページの目立つ所に表記する

このようなことを防ぐには、どうすればいいか?
『当店は○○なお客様はお断りです』という事を告示すればいいのです。
この一文をホームページの目立つ所に表記するだけで、ある程度はムダな訪問客を防げます。
100%無くす事は不可能ですが、やらないよりはずっとマシです。

 

 

KeiStyle

ご注文、お見積りはインターネットから1年365日24時間受付中!
お気軽にどうぞ!
ご注文フォーム お見積りフォーム

Top