Homeホームページ制作のツボ > こんなホームページは中小零細個人事業には向かない
こんなホームページは中小零細個人事業には向かない

無料の更新機能が無い

更新に費用を掛ける訳にはいかない

ホームページで集客するためには、定期的にページ(記事)を更新していかないといけません。
ただ、更新の度に費用が掛かっていては、費用がいくらあっても足りません。
大企業なら、毎月の更新料にウン十万円を払い、更に専門のスタッフまで雇う事はできますが、中小零細個人事業ではそうはいきません。

 

必須条件は自分で更新できる事

大企業と違い中小零細個人事業は、お客様との距離が近い分、人という要素が重要になってきます。
そういった意味もあり、ホームページを自身(又は社内のスタッフ)で更新しないと意味がありません。
もし、ページの追加機能がないと、業者に依頼し他人が文章を書く事になります。
そういう状況のホームページは、中小零細個人事業向けとはいえません。

 

無意味なサポートが付いている

こんなサポートでは集客できない

『毎月2個所まで文章の変更を致します。これでお客様にアピールできます』
このようなサービスを謳(うた)っている業者があるみたいですが、何の意味があるのでしょうか?
何も知らない人が見ると、本当にこれで良いのだと信用してしまうと思います。
正直、毎月2箇所文章を変えたぐらいでは集客できません。
ホームページ制作業者ならそんな事、誰でも知っている筈です。

 

必要なのは集客のノウハウ

今、ホームページを公開している企業の殆どが、満足な結果を得られていないと言われています。
ホームページで集客するためには、文章を多少変更するだけではダメです。
必要なのは、集客するためのノウハウです。
そのノウハウを持っていない業者へは、ホームページ制作の依頼は避けるべきだと思います。

 

デザインに凝り過ぎている

凝り過ぎたデザインは不要

ホームページを制作する人の中には、デザインの事ばかりを優先する人が存在します。
お客様もそれに釣られ「ここのデザインは、もうちょっとこうしてくれないか」「フォント(字体)は※※で・・・」みたいに、要望はデザインの事ばかり。
確かにデザイン性の高いホームページは見ていて気持ちがいいです。
ただ、あまりにも凝り過ぎたデザインは、逆に見づらくなってしまいがちですし、スマホで見る事の出来ないデザインを平気で進めてくる業者もあります。
ビジネス向けのホームページなのに、デザインを最優先したために使い勝手が悪くなってしまう。
これで集客ができるとは考えられませんよね。

 

デザインがどうでもいいという訳ではありません

デザインの事をいろいろ書きましたが、全く関係無いという訳ではありません。
あまりにもホームページがチープすぎて、商品やサービスを信用されなくなる事がありますが、そこそこのデザインなら問題ありません。
ある程度デザインにこだわる事は悪い事ではありませんが、お客様無視の”こだわり過ぎ”は問題アリだと思って下さい。





こんなホームページは中小零細個人事業には向かない

Copyright © 2017,hp.kei-style,all Rights Reserved.