HP制作料金 安さの秘密 完成までの流れ ご注文方法 迷っている方へ 主な制作実績

レスポンシブデザインでスマホやタブレットにも対応しています

カテゴリー/ こんなホームページを作ります |投稿者/ KeiStyle

いろんな画面サイズに最適化されて表示されます

KeiStyleが制作するホームページは、パソコンはもちろん、スマホやタブレットで見ても、そのサイズの画面に最適化されて表示されます。
これは、レスポンシブデザインという手法を採用しているからです。

 

レスポンシブデザインとは?

以前はホームページというと、パソコンでしか閲覧しませんでした。
ただ、今ではスマホやタブレットが普及していますので、さまざまな画面サイズで閲覧されています。
それに対応できるのが、レスポンシブデザインという手法です。

 

縦長でどんな画面サイズでも見やすく

レスポンシブデザインは、画面のサイズに合わせて縦に長く表示します。
スマホやタブレットなど、それぞれのサイズに最適化されますので、さまざまな画面サイズでも1つのホームページで対応できます。
これを、そのすべての画面サイズに合わせて、一つひとつホームページを制作していたら、費用がいくらあってもキリがありませんよね。

 

レスポンシブデザインはどう見える?

スマホでパソコン専用のホームページを見ると、文字のサイズは非常に小さくなってしまいます。
小さな画面サイズに全体が縮小されるので、とてもじゃないけど読めたものではありません。
ピンチアウト(親指と人差し指で広げる操作)すると拡大されますが、そうすれば横方向にも移動しないといけなくなるので、非常に見にくくなります。

一方レスポンシブデザインだと、文字の大きさは読みやすい大きさで表示され、全体的に縦に長いレイアウトになります。
スマホの場合、縦方向の移動にはあまりストレスを感じませんので、見やすいレイアウトといえます。
また、画像は画面サイズに合わせて縮小されますので、横にはみ出す事はありません。

smh

スマホでのホームページ閲覧率は想像以上に高い

スマホが普及しているということは、絶えず手元にパソコンがあるという事です。
何かあれば、すぐにその場でスマホを利用し検索します。
年々、スマホでのインターネット利用率は高くなっています。
そこで検索されているホームページが、レスポンシブデザインであるかないかでは、大きな差になって結果に現れます。

 

コストパフォーマンスに優れたレスポンシブデザイン

このように、レスポンシブデザインは非常にコストパフォーマンスに優れています。
低価格で高機能なホームページを制作するためには、このレスポンシブデザインは必須だと考えます。
制作に手間はかかってしまいますが、ホームページをビジネスに利用する以上、KeiStyleはレスポンシブデザインを積極的に採用し続けます。

こんな事で悩んでいませんか?

KeiStyle

ご注文、お見積りはインターネットから1年365日24時間受付中!
お気軽にどうぞ!
ご注文フォーム お見積りフォーム

Top